定点観測in畑

酒田 園芸農家の作業日誌

先月末から試していた赤色LEDでの電照。
今日1輪開花。 108㎝
141022_2.jpg

対照蛍光灯区 8輪開花 102㎝。
141022_1.jpg
開花具合、長さに差が出たのは
当時同じ長さと成長具合を選んだつもりでしたが、見返すと蛍光灯の方が少しだけ花穂が緩んでたかも。
そして赤色LEDのハウスは前述したボタ落ちが始まったビニールだったため、秋になり露が降りた日はしばらく曇って日照量の違いと室温の差が出たのかもしれない。なによりも光量も足りてないのかも。

さて、匿名さんいつも貴重なアドバイスをコメントしていただいてありがとうございます。
新技術はもちろん日常の管理のコツは大変参考になります。
気にかけてくださってる開花が遅れている件。
昨年より9日早く定植、3日早くピンチしているのに私としても予想外です。
考えられる原因は、
8月から現在まで例年より涼しい夜が続いている。
初期に曇天下、灌水量が多すぎて生育が停滞してしまった。
ピンチ後、枝が10㎝ぐらいの時施した液肥が多すぎたか生育成長優先になってる。
今年から定植20日後にピンチしたため芽の数が豊富。整理時4本揃うように地際の芽を残した。
従来は選ぶ余裕も無かったので頂部の芽も残してたので開花も少し早かったのかも。
それにしてもこれだけ要因があると遅れて当然かも。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ster567.blog28.fc2.com/tb.php/929-676a5bb0