定点観測in畑

酒田 園芸農家の作業日誌

ヒモ掛け
ヒモ掛けアップ
ヒモ掛け1






3枚の画像で、ピンときた方は、スゴイ!ハウスの屋根ビニールの張り替えの時、普通は反対側の人が砂袋など重しをマイカ線の端にくくりつけて一本ずつ投げてもらってると思います。春先のまだ「仕事モード」になってない体でやるもんだから、「肩にくる」
そこで、まず画像のように細めのロープにマイカ線の間隔に合わせて「輪っか」を作ります。それは、ハウスの長さだけ、マイカ線の数だけ作ります。両端は、最後に砂袋を付けて屋根越しに投げるので、その分の余裕を取ります。そして、「輪っか」にマイカ線を結んでゆきます。そして先に書いたように両端の砂袋を投げたら、反対側に回って、二人で息を合わせて「せーの」で思いっきり引っ張れば、一瞬でマイカ線が屋根を越してきます。後は、結ぶだけです。
元々は、1本のロープに結んでゆく技術だったんですが、これだと結んだマイカ線が横方向にずれて真ん中にみんな集まってしまいダメでした。この「輪っかがミソ」です。細いロープが用意できなければマイカ線でも大丈夫だと思います。一度作れば「一生モノ」ですよ。また、あらかじめ前日に結んで準備しておいても、風でこんがらかっても「ダマ」になることは、まれです。お試しアレ。
スポンサーサイト

これも素晴らしいですね~
最近 カミサンが腕や肩が痛そうで困っていたところでした~
これだと重りを腰カゴに入れて持ち歩かなくていいので身軽に動けますね!

2011.02.22 21:18 URL | タチカワ #- [ 編集 ]

関白検定2段の佐藤さんこんばんは、この技もいいですね! 僕はいつも一人でハウスのフィルム張るんですけどマイカ線を張るの大変でした。これならかなり省力化になりそうです。まわりに仕事を教えてくれる人がいない僕にとって、佐藤さんの技術はとても勉強になります。

2011.02.24 21:37 URL | 上野 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://ster567.blog28.fc2.com/tb.php/22-ee9c0833